Pages

2017-11-27

171126 トラキントライアル@鬼怒川フィッシングエリア

鬼怒川フィッシングエリアのトラキントライアル第2戦に参戦してきました。昨年地方予選には出ましたが、トライアルは初参加です。


テレビカメラや立派な表層台など、いつもの大会とはちょっぴり雰囲気は違いますね。アナウンスも録音音声で、さすがテレビ局の運営だと思いました。


この日は晴天に恵まれましたが放射冷却で朝はかなり冷え込みました。栃木は東北南部より寒いんです・・・。


鬼怒川は初めての釣り場なので細かいことを考える必要はなく、先入観なしにその場の状況を判断しながら釣りを組み立てることが課題です。


1回戦はタイマン勝負で、勝った方が勝ち組、負けた方が負け組になります。エキスパートに進出できるのは勝ち組から4名で負け組から2名なので、勝ち組に残った方がその確率が高く設定されています。


が、勝ち組の方に強い人が残る可能性が高いので、エキスパート進出を考えるなら負け組でも悲観する必要はない気もします。


ただ、自分の場合はそういうことよりも自分の釣りをすることが優先なので、1回戦も全力で勝ちを目指します。


その1回戦ですが、釣り座はB-056で自分の相手はエキスパ返り咲きを目指すKさん・・・。全力にプラスして運がないと勝てない相手です。




<1回戦・前半後半の20分2ローテ>



1回戦は放流ラウンドですが、前半組の戦いを見ているとポツリポツリと釣れる感じで、忙しい乱打戦にはならないだろうと判断しました。


前半組の後に放流が入り、いざ試合となりました。


61IS-SSLのPEセッティングでドナ2から入りましたが最初の5分くらいは触りもない状態でした。Kさんはバラしながらも1本キャッチし、状況を掴んでいる感じでしたので焦りました。


両隣は釣っているので放流魚はいるはずで、ドナ2が早すぎる可能性を考えて、ドーナを降板させてハイバ16にチェンジ。


それでもアタリはなく、タナを刻みながらレンジを下げて行きました。開始10分の前くらいに初バイトがあり1本キャッチ。


この時分かったのは、バイトが小さくて魚がスローなこと・・・。ティップが結構入ったところでアワセることにしました。


レンジが掴めたのでバイトが続き2キャッチ1バラシの計3本で、3−2でリードして前半を終えました。


釣り座を変えた後半もハイバースト16から投げましたが、カラーを変えても続かず、1本追加したKさんに並ばれました。


タックルをRev-Sに変えてハイバ13を投げ、1本掛けますがバイトが浅くバラし・・・その後は続かず、Rev-AについているジキルJr11を投入。


これが功を奏して2本追加することができ、バッカンに刺さっているTOWA11に変えてさらに2本追加。


結局、渋くなってからのロール系スプーンが運良くハマり、7−3で勝ち組2回戦に進出できました。




<勝ち組2回戦・10分4ローテ>



2回戦は4人1人抜けの厳しい試合です。10分4ローテという忙しい釣りですが放流はなく、場所によってはかなり僅差の釣りになりそうでした。


自分の組にはヴァルケインK山さんやALL-BのN沢さんなどのツワモノが集いましたが、相手は関係なしに状況判断ができずに出遅れる結果になりました。


1ローテ目:
状況がわからないのでハイバ13で様子見に出て、バイトはあるものの良いアタリは出せずにキャッチはできません。一方、隣を見れば大きめ&派手目のスプーンで釣っています。つまり、この釣り座には活性の良い魚が残っていたわけで、これを狙わなければなりませんでした。慌ててハイバ16を投げ、13の時よりはまともなバイトになりましたが、焦ってバラしてノーフィッシュで完全に出遅れました。


2ローテ目:
引き続きハイバースト16を投げ、なんとか1本追加。でも、すでに活性は下がりつつあり、それにアジャストできず追加はできませんでした。


3ローテ目:
迷走が続き、ハイバ13やジキルJr11でバイトはあるものの釣れません。たまたま表層に群れがいたので、なんとかその状況を打破しようとシュヴァーンシャッドを投げ2投目に1本追加しますが、ハマるわけでもなく、再度スプーンに戻して悶絶してタイムアップになりました。


4ローテ目:
一番隅っこの釣り座で一番釣れている釣り座なので、スプーンで狙いました。その1投目、TOWA11でヒットさせますが痛恨のバラシ。どうしてもフッキングが悪いので、一か八か、重めのTOWA17に変えてみました。するとフッキングが良くなり、残り3分コールの後にあっさり2本追加することができました。もっと早く気付けなかったかと悔やみながら終了10秒前にもう一本ヒットさせ、これを無事にネットインしてこのローテは3本で終えました。


結果は合計5本。蓋を開けてみれば結構な僅差で、7−5−5−5で頭一つ抜けた選手が準決勝に進出しました。


何を言っても結果論ですが、活性の高い魚から狙うというセオリーは大事だと実感しました。良い経験になったし、試合勘を養うのはこういう経験の積み重ねなんだと思います。


それに、そこそこ良い勝負ができたので自信にも繋がるかと思います。




アフターは試合で使ったルアーをとことん投げ込んできました。


そんな折、キングでお世話になっている?白川のN本さんが、ディスプラウトの亀山さんを目当てに?ひよっこり現れました。


N本さんは鬼怒川での経験も多くていろいろと教えてもらったのですが、それをやってみると釣れる釣れる・・・。


8時間前にそれを教えてくれれば・・・なんて思いつつ、終了間際までいろいろと教わりました。


寒い中ありがとうございました。



スポンサードリンク


2回戦負けで悔しいですが、いろいろと充実した初トラキントライアルとなりました。


参加者の皆さん、運営の皆さん、お疲れ様でした。


にほんブログ村 管理釣り場

人気ブログランキングへ


<今回のタックル>

ロッド:ノリーズ アンビシャス61ML
リール:シマノ 16ヴァンキッシュC2000S
ライン:エステル0.3号
リーダー:フロロ0.6号

ロッド:ノリーズ アンビシャス61ML
リール:シマノ 16ヴァンキッシュC2000S
ライン:フロロ0.4号

ロッド:ヴァルケイン ダーインスレイヴ61IS-SSL
リール:シマノ 12ヴァンキッシュC2000S
ライン:PE0.2号
リーダー:フロロ0.6号

ロッド:ヴァルケイン ダーインスレイヴ61IS-SSL
リール:シマノ 12ヴァンキッシュC2000S
ライン:エステル0.4号
リーダー:フロロ0.6号

ロッド:ヴァルケイン ダーインスレイヴ61ML Rev-S
リール:シマノ 12ヴァンキッシュC2000S
ライン:フロロ0.5号

ロッド:ヴァルケイン ダーインスレイヴ61L Rev-A
リール:シマノ 12ヴァンキッシュC2000S
ライン:フロロ0.4号




free counters

4 件のコメント:

  1. お疲れ様でした。N本です!
    ナイロンライン使うならプレッソの新しく出たデュラブラ1500使ってみてください。

    返信削除
    返信
    1. 先日はありがとうございました。アドバイス通りにやっていれば、もう少し戦えたかなと思っています・・・。また色々と教えて下さい!

      削除
  2. ダイワの高田さんがアルクスで1.5lb.で60くらいの魚あげたと言ってました。
    それとダイワのラインの特徴であるラインが伸びてバイト時間が長くなるのも試してください(^-^)/

    返信削除
    返信
    1. 先日の鬼怒川では、あのシンキングクランクはナイロンで良いような感じでした。バリバスのナイロンストックがなくなったら早速試してみます^ ^

      削除