Pages

2018-04-17

190415 冬の陣第4戦@キングフィッシャー


春の嵐が予報される中、冬の陣最終戦が行われました。この日は気温は下がりませんでしたが、時折風雨が強くなる不安定な天気でした。


最終戦ということもあり、総合優勝やマスターズ権利などに絡む大事な一戦なのですが、今年は第1戦しか参加していない自分にはあまり関係がありません。


いつものように当日の状況にアジャストしながらキングのツワモノに挑むだけの修行になります。


1回戦の抽選はB6-3。アウト側の後半組です。前半の釣りを見ているとバイトが小さいのかバラシが目立った印象がありますが、いつものキングよりジャンプも少なく大人しい感じもしました。


対戦相手はFATTのF君とAB君にキング常連のK原さん。過去、この3人にはボコボコにされております・・・。


<1回戦・20分2ローテ・4人中2人抜け>



放流ラウンドなので、迷うことなくドナ2から入りました。ロッドは61IS-SSL。


ティップの入ったアタリをしっかり巻き合わせることを意識して1投目からキャッチしました。


この日はあまりレンジを変えることなく反応が続きましたが、3本目を取ったところでリリーザーがらみのラインブレイク。


すぐさま60LXのエステルでドナ2を投げ、掛け損ないが何本か出ましたが3本追加。


ここで残り10分。セカンドでハイバ16を投入。


巻き速度遅めの表層巻きに反応があり、4本キャッチ。


その後はエイエン11でさらにスローに巻いて2本キャッチ。


前半を12本、周囲とも差を感じずに前半を折り返しました。


後半はエイエン11から入りますが、1本取ったところでピタリとアタリが止まり、色々と考えた末に早めにクランクへシフトすることにしました。


クーガに追いがなかったので、すぐにつぶアンを投入して1本。すると隣のAB君が、自分も投げようと思っていたニョロで攻勢に出てきました。


結構バイトがあるようですが、フッキングに難があるようだったので自分はつぶアンを続投。


カラーを変えて1本追加。


その後はレンジを少し下げるためにDクラに変えてさらに2本追加。


後半は目立ったミスもなく5本をキャッチし、合計17本で僅差ながらも1位通過することができました。



結構緊迫した試合だったのでかなりホッとしました・・・。


そして、敗者復活戦の審判をしながら2回戦の作戦を考えていました。


放流はドーナと61IS-SSLの組み合わせで問題なく、セカンド以降は、レンジも速度もハイバ16で良さそうな感じで、1回戦の感じだとアイスフェイク16も釣れそうな気がしました。


その後にはエイエン11とビオンディー11を投げ、あまり深入りせずにクランクに行くことに決めました。


<2回戦・20分2ローテ・3人中2人抜け>



2回戦は3人中2人抜けのラッキーな組でしたが、相手は再びFATTのF君。それに、もう一人はなかなか勝たせてくれないルイージでした。


自分はB4-1で後半組でしたが、前半組はキャンターファミリー3人の対決。他所の組も含めて前半組を見ていると放流は1回戦ほど取れず、魚はトップからボトムまでオールレンジで釣れているみたいでした。


予定通りにドナ2から入って2本キャッチしたところでドーナへの反応がなくなります。


レンジを落としても反応がなかったので、ハイバ16にチェンジ。表層で良いバイトが出て4本追加。


前半を6本の2位で折り返しました。


後半はエイエン11から入りましたが、合っていないようでノーバイト。さっさとクランクへシフトします。


1回戦の感じだと、クランクへのバイトが下から突き上げるような感じで乗りが悪い感じでしたので、硬めのSSLでクランクをやりました。


つぶアンで1本取るも後が続かずしっくりきません・・・。Dクラに変えてレンジを刻んで、反応のあるレンジを見つけて3本。


後半は4本で、合計10本の2位で2回戦を通過しました。



スポンサードリンク



昼食を挟んでの準決勝。


抽選の結果、またルイージと当たりました。そしてもう一人はキャンターファミリーのM木君で、やり甲斐のある準決勝となりました。


<準決勝・15分3ローテ・3人中1人抜け>



昼休み中にポンドを休ませてあるので、スプーンから入ることにして、ハイバ16をチョイス。


2回戦と同じく表層でバイトが出ますが、風が強くてフッキングミスが目立ちました。


6本掛けますが、2本キャッチに留まりました。以後、このフッキングの甘さが明暗を分けることになります。


ハイバ16に反応が薄くなってからアイスフェイク16にチェンジ。


これも表層で1本取り、レンジを落としたところで良いバイトが出ることに気がつき、さらに2本追加できました。


結果、5本で第1ローテを終えました。まずまずでした・・・。


第2ローテは渋くなるだろうと思い、クランクから入って反応を見ることにしました。


2回戦と同様に、つぶアンとDクラで3本追加しました。


最終ローテを残して計8本で暫定トップに立ちます。


アイスフェイクで狙われていなかった低層を探るか、クランクで押し通すか悩みながらもクランクで行くことに決めました。


何とかつぶアンで2本追加し、Dクラに変えてバイトはありながらもフッキングできません。


終了間際にやっとヒットし追加なるかと思いきや、ネットイン直前のポロリ・・・


その後に聞こえたのは、3人でサドンです!というサドンコール。


試合はそのまま延長戦に入りますが、バイトが出せずにいるとM木君に先に釣られ、今年の冬の陣が終わりました。


結果は計10本のサドン負け・・・。


どうせ負けるなら、3ローテ目はショートバイトばかりのDクラを見切ってアイスフェイクで勝負に出る勇気を出してみれば良かったです。


その自信を持てるように練習です・・・。


負けた瞬間は悔しくて仕方なかったのですが、この日はほぼ練習通りの釣りができたので内容的には悪くない釣りでした。


キングのことは忘れて、難題山積の大芦戦に頭を切り替えます。


参加者の皆さん・運営の皆さんお疲れ様でした!



にほんブログ村 管理釣り場

人気ブログランキングへ


<今回のタックル>

ロッド:アングラーズシステム ラングレン60LX
リール:シマノ 16ヴァンキッシュC2000S
ライン:エステル0.3号
リーダー:フロロ0.5号

ロッド:アングラーズシステム ラングレン60LX
リール:シマノ 16ヴァンキッシュC2000S
ライン:エステル0.3号
リーダー:フロロ0.5号

ロッド:アングラーズシステム ラングレン60UL
リール:シマノ 16ヴァンキッシュC2000S
ライン:フロロ0.4号

ロッド:アングラーズシステム ラングレン63L
リール:シマノ 14ステラC2000S
ライン:PE0.2号
リーダー:フロロ0.6号

ロッド:アングラーズシステム ラングレン63L
リール:シマノ 14ステラC2000S
ライン:PE0.2号
リーダー:フロロ0.6号

ロッド:ヴァルケイン ダーインスレイヴ61IS-SSL
リール:シマノ 14ステラC2000S
ライン:フロロ0.4号




free counters

2 件のコメント:

  1. どもです。一回戦二回戦と強敵を倒しての準決進出、そしてサドン負け惜しかったですね~(>_<) 準決に勝ち上がれていれば、今回はマスターズボーダーがめちゃ低いんで二戦で権利取れちゃってましたね、夏の陣でお互い頑張りましょう^^ とは言え今年は、N本さんと北のドットコムに参戦しようかと思ってます^^

    返信削除
    返信
    1. お疲れ様です。FATTの若衆を僅差で押さえ込んだのは良いとして、最後はいつもあのファミリーの誰かにやられるんですよね・・・泣。夏の陣でマスターズ権利をゲットしなくちゃですが、N本さんとなら新潟のドットコムもオモロイと思いますよ!

      削除